おたより

令和3年(2021年)4月おたより

毎日、皆さんのお顔を見て、ああ今日も元気に笑顔を見せてくれている。この事は、いつまでも続いてほしい。でも、それはむなしい願いでもある。永遠には続かないから、それがわかっていても、何故か? いつもそう思います。 ...続きを読む

令和3年(2021年)3月おたより

実はこのお話、数年前にお便りで書いたのですが、三月のお節句が来ると、いつも私は思い出します。そして面白いのでついお話したくなるのです。みなさんも多分忘れてみえるでしょうから、お話してもちょうど良いかもしれませんね。 ...続きを読む

令和3年(2021年)2月おたより

2月になりました。節分です。1月便りで新型コロナワクチンが、リスクの選択だとお話したのは、皆さんの中で迷って見える方がいるようなので、申し上げました。ワクチンは医療従事者を優先して、その後、後期高齢者の人達に優先されます。何故だと思いますか? ...続きを読む

令和3年(2021年)1月おたより

みなさん、明けましておめでとうございます。十二月のお便り、いかがでしたか?ちゃんと考えてくれましたか?リスクの選択だとお話しました。コロナワクチンのお話です。皆さんにワクチンがやって来ます。2月末には医療関係者、医師、看護師を優先します。その後、3月には皆さんのような後期高齢者、それから私たち介護事業者です。 ...続きを読む

令和2年(2020年)12月おたより

さて、皆さん世間は師走ですね。あっという間の一年でした。コロナに始まりコロナに終わるでしょうか?しかし、コロナはまだ終息しそうにありません。アメリカではワクチンの接種が今週にも始まりそうですが、まだまだ予断を許しません。 ...続きを読む

令和2年(2020年)11月おたより

先月はストレスについてお話しました。実は自分が何を言っているのか?よくわからないなと思いつつ書きましたが、改めて読み直すと、ふむふむ、なるほど、と自分で納得しました。 時には自分を見つめ直す? そんな気持ちになって、それも良いかな?なんて思いました。 ...続きを読む

令和2年(2020年)10月おたより

朝夕は秋ですね。昼間はまだ、ちょっと暑いかな?とも思いますが、秋の匂いが漂ってきました。とてもいい気分です。 空の青さも空気の清々しさ、夏のストレスが消えたようです。これは考え方や、気持ちの持ち方、それで変化します。 ...続きを読む

令和2年(2020年)9月おたより

8月のお便りは、いつもお盆のお話が多かったから、毎年少しずつ変化させて、お話してきました。と言いながら結局は同じようなお話をしてしまったようで反省しています。7月は古関裕而さんのお話をしながら、脱線したようですね。 ...続きを読む

令和2年(2020年)8月おたより

例年よりだいぶ遅れて、ようやく梅雨が明けましたね。 最近では、昔のような季節感が無くなって来たように思います。コンクリートの建物が林立してエアコンが、ガンガンの生活。それが、アスファルトを熱して、ヒートアイランド現象が起き、二酸化炭素が地球温暖化を進行させて、エルニーニョ現象とか、地球の天候を狂わせています。 ...続きを読む

令和2年(2020年)7月おたより

古関裕而さんのお話、続けます。もう一曲とても有名な、皆さんも必ずリクエストされる歌です。「鐘の鳴る丘」、「とんがり帽子」どちらが正式な題名か調べてからお話すればよかった。それはまた後程として、この歌、わんぱく少年たちの明るい歌に聞こえますが、いえいえ、とっても悲しい歌なんです。 ...続きを読む

令和2年(2020年)6月おたより

5月便りの続きです。戦争中、戦意高揚の軍歌を作れと言われた先生方の辛いお気持ちは、察するに余りあるものがあります。特に作詞家の先生ほど辛かったのではないかと思います。西城八十先生などは、いつかお話したこともあったかと思いますが、戦後しばらく作詞活動をやめられてしまったとか、このお話はまたいずれ続きをお話しできたらと思います ...続きを読む