おたより

令和3年(2021年)10月おたより

秋深し隣は何をする人ぞ! 自分の人生がもう終わっているなんて思っている人はいませんよね。まあ、自分の事を、もう年だわ、もうあかんわ、と言う人は多いですが、実際には自分の事をもう駄目だと思っている人はいなくて、生きられるだけ生きてやろうと思っている人がほとんどです。 ...続きを読む

令和3年(2021年)9月おたより

先月のお便りで、人が人生の晩年にして思う事をお話しました。読んでいただいた人は、きっとご自分の事を考える事ができたかなと思います。また、そうあっていただけたら私は嬉しく思います。 ...続きを読む

令和3年(2021年)8月おたより

夏です。人は先祖を供養し、仏前で自分が生きて来た事の確認や、生かされている事への感謝とか、そんな思いに浸るひと時、それがお盆です。  さて、世間ではオリンピック、多くの感激のシーンは嬉しいですが、同時にコロナが猛威を振るい、またか、もういい加減にしてくれよと思います。 ...続きを読む

令和3年(2021年)7月おたより

曹同宗の総本山、永平寺でお参りした時のお話。廊下の壁に書いてあった言葉が忘れられません。それは、いつも寺社仏閣で手を合わせる時、自分の幸を願い家族や友人のことを願いますが、永平寺の壁に書いてあった言葉は、まさに胸を突かれた思いがしました。 ...続きを読む

令和3年(2021年)6月おたより

夏です。今年も半分近く過ぎました。コロナが猛威を振るい人々を苦しめています。ケイズの周りは幸いにして何事も無く過ぎていますが、実はとても身近に危険な状態が迫っています。私たちに何が出来るのでしょう?今まで同様、手洗い、うがい、消毒に、マスクの着用、それしかありません ...続きを読む

令和3年(2021年)5月おたより

一年で一番美しく過ごしやすい季節になりましたが、去年に引き続き、コロナのせいで皆さんは自粛を迫られています。第4派の真っ只中、花も咲き乱れ、お出掛けに心惹かれながら、どうする事も出来ません。 ...続きを読む

令和3年(2021年)4月おたより

毎日、皆さんのお顔を見て、ああ今日も元気に笑顔を見せてくれている。この事は、いつまでも続いてほしい。でも、それはむなしい願いでもある。永遠には続かないから、それがわかっていても、何故か? いつもそう思います。 ...続きを読む

令和3年(2021年)3月おたより

実はこのお話、数年前にお便りで書いたのですが、三月のお節句が来ると、いつも私は思い出します。そして面白いのでついお話したくなるのです。みなさんも多分忘れてみえるでしょうから、お話してもちょうど良いかもしれませんね。 ...続きを読む

令和3年(2021年)2月おたより

2月になりました。節分です。1月便りで新型コロナワクチンが、リスクの選択だとお話したのは、皆さんの中で迷って見える方がいるようなので、申し上げました。ワクチンは医療従事者を優先して、その後、後期高齢者の人達に優先されます。何故だと思いますか? ...続きを読む

令和3年(2021年)1月おたより

みなさん、明けましておめでとうございます。十二月のお便り、いかがでしたか?ちゃんと考えてくれましたか?リスクの選択だとお話しました。コロナワクチンのお話です。皆さんにワクチンがやって来ます。2月末には医療関係者、医師、看護師を優先します。その後、3月には皆さんのような後期高齢者、それから私たち介護事業者です。 ...続きを読む

令和2年(2020年)12月おたより

さて、皆さん世間は師走ですね。あっという間の一年でした。コロナに始まりコロナに終わるでしょうか?しかし、コロナはまだ終息しそうにありません。アメリカではワクチンの接種が今週にも始まりそうですが、まだまだ予断を許しません。 ...続きを読む

令和2年(2020年)11月おたより

先月はストレスについてお話しました。実は自分が何を言っているのか?よくわからないなと思いつつ書きましたが、改めて読み直すと、ふむふむ、なるほど、と自分で納得しました。 時には自分を見つめ直す? そんな気持ちになって、それも良いかな?なんて思いました。 ...続きを読む